Skip to content

守口市 女性好き

先週インタビューを成功したのは、女性好き実は、現役でステマの契約社員をしている五人の若者!
駆けつけることができたのは、メンキャバを辞めたAさん、男子大学生のBさん、守口市売れない芸術家のCさん、女性好き某芸能事務所に所属したいというDさん、コメディアン志望のEさんの五人です。
筆者「まず最初に、辞めたキッカケから聞いていきます。Aさんから順にお話しください」

守口市 女性好きを学ぶ上での基礎知識

A(メンキャバキャスト)「僕は守口市、女心が分からなくて始めたらいいかなと思いました」
B(男子大学生)「おいらは、女性好き儲けられれば何でもいいと考える間もなく始めましたね」
C(表現者)「僕は守口市、フォークシンガーをやっているんですけど、まだ新米なんでそこそこしか稼げないんですよ。トップスターになる為にはささやかな所からこつこつ下積みすると良いらしいんで、女性好き、こういうアルバイトをやって、女性好き何よりもまずアンダーグラウンドな経験をしようと思って」
D(タレント事務所所属)「ボクは、○○って芸能プロダクションに所属してピアニストを目指しつつあるんですが、一度のリサイタルで500円だけしか入らないんで…先輩から紹介を受けたサクラのバイトを嫌々やってるんです」
E(若手コント芸人)「実を言えば女性好き、俺様もDさんと近い状況で、1回のコントでほんの数百円の侘しい生活してるんです。先輩から紹介を受けて、守口市ステマのアルバイトをすることになりました」

守口市 女性好きを学ぶ上での基礎知識

なんてことでしょう、守口市五名中三名がタレント事務所に未所属という贅沢なメンバーでした…守口市、だが話を聞き取っていくとどうやら、五人にはステマ独自の苦労があるようでした…。